乾燥に注意

暑い夏になると気になるのが、顔のテカリ。ベタベタして脂っぽくなると不潔に見えてしまいますし、テカリから化粧崩れもしてしまうのでかなりマイナスな印象になってしまうことでしょう。顔がテカリを起こす原因は、皮脂の分泌が過剰になることから起こります。ここから肌トラブルを起こしてしまうことから、出来る限り起こらないように対策をしておくことが大切です。特に肌タイプがオイリー肌や混合肌の場合にはこの顔のテカリが出やすいタイプであると言われています。これらは暑い時期になると仕方がないことだと思われるかもしれませんが、スキンケアや日常生活の心がけ次第で改善することが可能です。清潔でさらっとした肌になれば、夏でも気にならないですしメイク崩れも心配することはありません。効果的な対策を取り入れて素肌の美しさを保つようにしていきましょう。

顔のテカリが起こる原因は、皮脂が分泌されることにありますがそもそもは肌内部が乾燥状態に陥っているからです。皮脂が過剰に分泌されるメカニズムは、肌内部が乾燥することで肌を守ろうとする働きが起こる為、皮脂を余計に出します。つまり、顔がテカリを起こしているからスキンケアをやめようとすると、逆効果になるのでしっかり保湿することが大切です。保湿をする際に注意しておくことは、まず洗顔をして顔の余計な皮脂や汚れをしっかり落とすことでしょう。皮脂や汚れが残ったままになると、化粧水や乳液などと混ざって毛穴詰まりを起こします。ですから、清潔な肌にした状態で保湿をすることがポイントなのです。また、食生活などでも皮脂を分泌させやすい脂っぽいものは極力避けるようにすることが大切です。